社会貢献クレジットカードで女の子にモテる秘策を編み出した

「社会を良くしたい」という崇高な思いと、「セクシーナースお姉さんとエッチなことをしたい」という下劣な思いが、自分の中に同時に存在したとする。

どちらの思いも肯定すると、偽善者みたいになる。
「社会を良くしたい」やつが、エッチな店に入っていったら、いかにも偽善者っぽいだろう。

だが、それで良いのだ。
偽善者で良いのだ。
人間は弱くて不完全な生き物だが、それでも尚、前に進もうという姿勢が偽善である。

だから、そこに不純な動機があろうと、善行を恥じる必要はないのだ。(ふはははは! 偽善者と認めたこの俺を論破できるか!? 参照)
むしろ、動機が不純でも、善行はした方がいいに決まっている。善行なんだもの。

というわけで今回は、女の子にモテるし、ついでに世界を良くできるという社会貢献クレジットカードという世界をご紹介したい。

社会貢献クレジットカードの仕組み

まず、社会貢献クレジットカードというものが何者なのか説明したい。

2点だけ押さえておけば、だいたい分かると思う。

  1. カードで買った額の0.5%くらいが、どこかしらの団体に寄付される。
  2. 寄付金は、カード会社が負担する。

仕組み 1. カードで買った額の0.5%くらいが、どこかしらの団体に寄付される。

どの団体に寄付されるかは、そのカード次第。カードによっては年会費のあるものもある。
寄付額は今はどこもだいたい0.5%くらいのようだった。

カードと寄付先については、ざっくりこんなイメージである。
詳細はこちらの記事が分かりやすかった。
けっこう色んな種類がある。

カード 寄付先

もったいないカード
もったいないカード
グリーンベルト運動(環境保全と住民の生活向上を目的に、始められた植林運動)​

ピーターパンカード
ピーターパンカード
障害、難病と戦う子どもたち、その家族への支援など。

WWF カード
WWF カード
WWF(自然保護団体。絶滅しそうな動物の保護、地球温暖化防止など)

仕組み2. 寄付金は、カード会社が負担する。

寄付されるお金は、カードを使う人が負担する訳ではなく、カード会社が負担する。

他のカードの方が還元率とかは良いかもしれないけど、ちゃんとポイントももらえる。

社会貢献クレジットカードでモテる秘策

さて、この時点で、心の清らかな方は社会貢献カードに切り替えようと決意しただろうが、「もう一声、もう一メリットほしい!」と思った方もいるだろう。

そんな方のために、社会貢献クレジットカードで女の子にモテるという秘技を伝授しよう。(ここから先は、多少主観的な考えの混じった話になる)

モテる準備

まず、カードの選択。
普通はどの団体を支援しようかと考えてカードを選択する訳だが、モテるためには迷わず WWF カードを選ぼう。
何故なら、圧倒的に女性ウケの良さそうなデザインだからだ。

カード 想定される女性ウケ

もったいないカード
もったいないカード
ハイリスクローリターン。
地球資源をリスペクトしている女子には多少の効果が期待されるが、「もったいないカードってネーミング、ださくね?」となるリスクが高い。(でも寄付先の活動は素晴らしい)

ピーターパンカード
ピーターパンカード
ハイリスクハイリターン。
ピーターパン好き女子には高い効果が見込めるが、「いい大人が、いつまでも少年とか、無理なんですけどー」となるリスクも否めない。(でも寄付先の活動は素晴らしい)

WWF カード
WWF カード
最高。
圧倒的にかわいい。(しかも寄付先の活動も素晴らしい)

そして、WWF カードが届いたら、気になる女性を食事に誘い、約束を取り付ける(この時点で一定のコミュニケーション能力や人間としての魅力などが求められるが、それは各自がんばって身につける)。

これで準備は完了だ。

モテるシナリオ

気になる女性との食事も盛り上がり(この時点で一定の話術やエンターテイナー精神が求められるが、それは各自がんばって身につける)、あっという間にお会計のタイミングが訪れる。

店員さんがお会計を持って来た瞬間。
ここが勝負である。

カードでお願いします。

ここで WWF カード!!

WWF カード ずきゅーん

  1. 女性に支払いの余地を一切与えず、すかさずカードを出す。
  2. かつ、確実に WWF カードのデザインを女性に認識させる。
  3. さらに、「えー、私も出しますよー」的な話をどうにかこうにか避け、スムーズに次の女性の一言を引き出す。

あ、そのカード、かわいいですね。


ああ、これ? これで払うと、一部が自然保護団体に寄付されるんだ。

えー、意外ー。戸田さんって動物とか好きなんですか?


まあ、かわいい動物たちが絶滅するのが悲しいからってのもあるけど、動物たちは自然の象徴でもあるんだよね。僕たちは自然なしでは生きていけない以上、僕たち自身の未来のために、自然保護は避けては通れない問題だと思うんだ。

素敵・・・。なんてしっかりした考えなの・・・。


でも、僕が本当に守りたいのは、熱帯林でも、ジャイアントパンダでも、人類の未来でもないんだ。

・・・え?


きみさ。地球に暮らしている、きみだけを守れれば、僕はそれだけでいいんだ。結局僕も、自分勝手な生き物さ。

ずきゅーーーーーん!!!!!!

完璧すぎる。

机上の空論で終わらせる訳にはいかない

計画は完璧だ。

私はこれを机上の空論で終わらせるつもりはない。

さて、手頃な女で試してみるか。

 

 

・・・そんな女、いねえ。

・・・モテなさすぎて、挑戦権すらない。

 

社会貢献に興味のあるモテ男の方は、ぜひやってみてください。

世界を変えるのはきみだ!

コメントを残す